野球が教えてくれたこと

子供が野球をやってて辛いと親が思うとき

私は、学童野球から

今は高校野球まで経験させて

もらっていますが

父母会って色々ですよね。

学童野球は父母の協力が無いと

運営は難しいのですが

その運営方法もチームによって様々。

よく言われるのは、

父母会と子供達、監督やコーチが一致団結しないと

勝てるチームにならないということ。

よくわかる・・・

よくわかるけど

これが結構難しい話なんですよね(;'∀')

スポンサーリンク

自分の子供が試合に出ていないと辛い

自分の子供が

とても野球が上手

というわけじゃないけど

常に試合に出られない

という状況は

やはり辛いですよね。

たまに出てくれるならまだしも

全然出してもらえない・・・

試合の経験さえ

させてもらえない。

そういう状況になったら

グランドへ行くのも疎遠に・・

特に学童野球だとそう思う親も多いはず

野球好きじゃないとなかなかねぇ(;'∀')

学童野球って本来は

野球の楽しさを教える時期

だと私は思っています。

勝つことも必要だし

どうやったら勝てるか?

ということを考えたり教えたり

することも大事。

じゃあどうしたらよいのか?

スポンサーリンク

自分に合ったチームに入る

もし、お子さんが野球やりたい!

と言い始めたら、

入部出来るチームが

どれくらいあるのか調べてみて下さい。

それぞれのチームカラーがあるし

チームを見ていると

何を重視しているチームなのか

わかってくると思います。

そして、練習を見ている父母に話をしてみる。

そのあとに、

お子さんがどんなチームに入りたいか確認する。

「勝つためのチーム」なのか

「チームワークのチーム」なのか

「楽しんでやるチーム」なのか

いろんなチームがあると思いますので

ぜひぜひよく話し合って決めて欲しいなって思います。

スポンサーリンク

そもそもチームが選べない場合

校区などで、校区内のチームに入った方がベターの場合

親が出来る事と出来ない事を

子供にはっきりと伝えておくこと大事だと思います。

親が無理してやることは無いかなぁ・・・

とは思いますが、父母会の世界もひどいとこはひどいもんね(笑)

こればっかりは入ってみないとわからない部分あるけど

そのせいで子供が野球を辞めるということもあるし

せっかく好きで始めた野球を

親のゴタゴタで終わらせて欲しくないなぁ(;'∀')

私の処方箋としては、

あまり介入しない事ですね。

話し合って、監督や父母会長に一任する

という形でやった方がベストかなぁ。

もし、それでもモヤモヤが残ったら

「自分に監督や父母会長が出来るか?」

と、心に問う事にしていますw

これが意外と効いて、

そこまでの責任を負いたくないと感じる場合は

「ですよねw」

って納得できるし、

逆に監督や父母会長の大変さを

ちょっとだけ感じることも出来ます。

スポンサーリンク

まとめ

低学年

まとめられないけど(笑)

最後にかわいい小学生をみて癒されてください。

野球って、基本は子供が主役なんですよ。

親は本当にサポートだけなんですよね。

親が前に出てくると

それだけでチームが乱れたりします。

子供が使ってもらえないとかあれば

家で一緒に練習をやればいいし

一緒に悩んで

一緒に頑張ればいいんですよ。

決して誰かと比べたりせずに

どうしたら自分が上手くなるのか?

どうしたら試合に使ってもらえるのか?

そういうことをやっていたら

社会に出ても精神的に強い子に

なってくれると思います。

親と一緒に

という事がミソです。

身近に味方がいるということは

子供にとってはとても大きな自信になります。

どうか

誰かを批判したりせずに

子供と一緒に考えて下さいね。

ポチっとお願いします!

  • この記事を書いた人
アバター

ゆきこ

野球大好き高校球児の母ちゃんです。一眼レフで野球の写真を撮るのが趣味♪

-野球が教えてくれたこと
-

Copyright© 89mom , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.